忍者ブログ

写真日和

写真撮影を趣味とする人 お金は最小限にカメラを楽しむ方法を考えるBlog 撮影記

雑談。いままで使ったカメラの感想(キヤノン編)
個人のBlogなんで忖度無しでお話します。

何となくの傾向を感じ取って、これから買おうと思っている方、買い替えを検討している方、買い増しを検討している方の参考になればと思います。

まず、王道の一眼レフ。

CanonさんのEOS70D

を所有してました。
これはホントに良かった。
使いやすいし、機能的にも充分。
当時的には写りも良い。
連写も速いし、AF速い、AFポイントも19点と欲を言えば、19点でも良いからもう少し外に広いと嬉しい。1/3構図のポイントは入る様にして欲しかったです。
その辺は、45ポイントになった新型でもポイントは増えただけで、カバーしている範囲に大きな差が無かったのが残念。
何と言っても今じゃCanonさんの売りデュアルピクセルAFの初号機です。


Kissも知人のを使った事ありますけど、ボタンの数がちょっと足りない。
パパッと撮影をと思ったらxxD以上のカメラが良いと思う。
ちょっと頑張って中級機を買った方が余計な出費は少ないかも。。。

キヤノンさんはフルサイズに移行して欲しい戦略なので、設計の新しいAPS-C機専用のレンズが少ないのが難点。フルサイズレンズはデカい重いでAPS-C機の利点をスポイルする。

後はミラーレス機です。

EOSRP



これは、ちょっとステップアップには成らなかった感じがします。
APS-C機~フルサイズ=ステップアップ。
にはならないと思いました。
キヤノンさんのHP上は両機とも中級機ポジションですけど、操作性、シャッター速度、ストロボ同期、連写速度等々、細かい所で二桁Dの方が良いです。
何となく、RPはKissよりです。
もちろん、写りは文句なしのフルサイズ画質です。
レンズの種類が少ないのは今後の課題でしょう。
非Lレンズの安価でコスパの良いレンズをそろえられるかでしょうね。
先ずは、プロ用のLレンズからでしょうから、まだ少し早い気がします。
それと、本体は軽くて良いのですが、レンズがそれなりに重いので、フルサイズのミラーレス機は軽量化と小型化にはあまり関係ない。若干軽い位。
手ブレ補正を本体に付けなかったのは多分失敗だと思う。
その所為か??サードパーティーのレンズがSONYさんに偏っている。
今の所SIGMAさんもTAMRONさんもRFマウントレンズを出していない。
マウントアダプター経由では色々使えますが、ショートフランジバックの利点が活きない。



次回マイクロフォーサーズ機編。

ぜひポチッと、写真Blogランキング


拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く