忍者ブログ

写真日和

写真撮影を趣味とする人 お金は最小限にカメラを楽しむ方法を考えるBlog 撮影記

リベンジ薩埵峠(さった峠)
前回は到着直前??に雲が出て来て富士山バックとは行かなかったので、この日の予報は関東静岡の天気が良さそうなので、クルマ飛ばして(実は左車線大好き派)さった峠に行って来た。


知人からOlympusの12-100mmの感想を聞かせてくれ。
と言われているので、
EOSRP+24-105mmF4LISUSM

LumixG7+12-100mmF4ISPro


ボディーに差があるけど、レンズの立ち位置は近いのでLレンズ対Proレンズ。
 
で撮り比べて見た。
F値シャッター速度が近い写真をチョイス。ISOは最低感度。焦点距離は70mmと35mmで合わせました。
IMG_9962
IMG_9962 posted by (C)tigoespark
EOSRP+24-105mmF4L IS USM

P1300735
P1300735 posted by (C)tigoespark
LumixG7+12-100mmF4 IS Pro

意外といい勝負なんですけど、よく見るとセンサーサイズと画素数の差がありますね。

もしかしたら、Lumixはローパスフィルターレス機だともう少しいい勝負が出来たかも。。。
おそらく、画面サイズを揃えた上記フォト蔵サイトだと殆ど差が無くなるどころか、Lumixの方が暗所がつぶれていなくて頑張っている印象。


更に小さい画像だと
この投稿をInstagramで見る

Yasutomo T(@t.yasutomo)がシェアした投稿 -


こんな感じ。
富士山の雪の陰影は少しEOSが優位かな??
でも、Proレンズも負けてはいない。ちゃんと陰影はある。
RAWでシャープを少しあげると似た感じになります。
その辺は画像エンジンの設計の差なのかも。
(RAW現像ソフトの差かも、特にリサイズ以外なにもしてないです。)
インスタはJpeg撮って出しなので、カメラの素だと思う。

ついでに
前回のPEN+SIGMA30mmF2.8だと
PB100018
PB100018 posted by (C)tigoespark
こんな感じ。
換算焦点距離が10mm短くなるけど、パソコン等倍で見ると

RF24-105L>12-100pro≧30mmF2.8

と言った感じでしょうか??
本当は、LeicaレンズとProレンズの戦いもしたかったんですけど、それはまた近い内にやってみます。

感想まとめ。
フルサイズの表現力は流石。
しかし、マイクロフォーサーズ機も負けてない。
古いボディーでもいい勝負なので、E-M1mk2や新型のmk3。
Lumixのローパスフィルターレス機。2000万画素機のG9とかを使うと逆転は無いかもしれないけど、もっと接戦になると思います。

ちなみに、Sigmaの30mmF2.8EXDNはかなりの健闘で流石の単焦点Artラインの絵が出て来ます。
値段の差を考えるとかなりの健闘だと思います。

Olympusの12-100mmF4 IS Proは高倍率ズームのジャンルの入るので、それを思うとかなり写りの良いレンズと言えると思います。

異種格闘も面白いけど、次はleicaと戦わせてみようと思います。


ぜひポチッと、写真Blogランキング


拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く