忍者ブログ

写真日和

写真撮影を趣味とする人 お金は最小限にカメラを楽しむ方法を考えるBlog 撮影記

クラブツーリズムで行く養老渓谷の旅
クラブツーリズムを使って、撮影旅行してみたよ。

バスツアーってヤツですね。
以前2017年に行った時のお話も良ければ。。。

丁度休みに、丁度いい感じの千葉県紅葉ツアーがあったので申し込んでみた。



この日は雨で増水しまくっていて下まで降りれませんでした。
残念。
しかしながら、こういう雨だからこそ撮れる写真があるかなぁ~と四苦八苦してきました。

神野寺から。
聖徳太子が開いたとされる由緒正しい寺らしい。
IMG_0766
IMG_0766 posted by (C)tigoespark
雨のスジが入る様に考えながら撮ってみたけど、中々難しいのね。
やっぱり、どこにピントを持ってくるかで印象が変わるのが面白いね。
制限時間があるので、だらだらすることなく短時間で色々考えないとだからこれは良い訓練かも。

つづいては
濃溝の滝と亀岩の洞窟。
IMG_0808
IMG_0808 posted by (C)tigoespark
亀岩の洞窟です。
増水で流れが激しいです。
もう少し切り込んで、洞窟全体を入れたいのですが、、、
増水していて無理でした。。。
ここの遊歩道の紅葉も良くて
雨のおかげで、撮影は大変だったけど、しっとり感は二割増し。
IMG_0812
IMG_0812 posted by (C)tigoespark
こんな感じ。
夏には蛍が飛び交うそうで夏も行ってみたいですね。

次に亀山湖に立ち寄り、わたしだけが反対岸の管理事務所に行きダムカードを貰って来るというおかしな行動をとってしまったよ。。。(笑)

何故か動画(笑)
観光放水していたので、ここは動画ですよね。

そして、養老渓谷へ。。。
この日は増水で、下は立ち入り禁止。
すでにスケジュールを組んでいた観光バスや泊りのお客が上から眺めるという図式。
お客は少ない。
IMG_0841
IMG_0841 posted by (C)tigoespark
こんな日はむしろセオリーを無視して高速シャッター で激しい水流を表現。

IMG_0870
IMG_0870 posted by (C)tigoespark
スゴイ迫力の水量。

因みに、レンズはRF-24-105mmF4L IS USMでカタログで5段分の補正。
焦点距離にもよるが、手持ちで0.4-0.6秒なら成功率高い。
三脚無くても、流れる滝が何とか撮れる。
この日の天気が雨で、三脚立ててじっくりと、、、とは行かないのでこの手振れ性能は助かる。
IMG_0867
IMG_0867 posted by (C)tigoespark

中々優秀です。
24mm撮影で1/6秒なんで三段分かな??
水量も多くて流れも速いので、この位のシャッター速度でも流れる。
0.6秒位で、5段分位になるので、まぁ、滝の撮影には十分。

基本手振れ補正なんぞ二軸で十分なんですよ。
キヤノンさんは過剰なカタログスペック競争を嫌がっているのかもね。
悪く言うと、カメラ屋のプライドが抜けない(笑)

EOS Rシリーズだと、この24-105F4をセットすると、一番便利で安い防塵防滴仕様になりますね。
旅カメラとしてかなり優秀なのではないかと思います。
そこそこ軽いので持ち運びは苦じゃないし。片手でも撮れるし。
傘とカメラの両手持ちが可能。

以前の70D+15-85mmよりも軽量で防塵防滴だし、周辺減光も少なくて良い。
手ブレ補正もスペック以上に効いている気もする。

そして、カメラカッパを持って行くのを忘れる。。。

いつも出先で思い出す。。。


ぜひポチッと、写真Blogランキング


拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く